きょうアニ裁判さいばん 検察けんさつ きわめてきびしい求刑きゅうけい弁護べんごがわあらためて無罪むざい主張しゅちょう
Easy Japanese news
Dec 7, 2023 07:12
Furigana
Japanese newspaper
4ねんまえ、「京都きょうとアニメーション」のスタジオ放火ほうかされ、社員しゃいん36にん死亡しぼうした事件じけんで、殺人さつじんなどつみわれている青葉あおば真司しんじ被告ひこく裁判さいばんは、7にち検察けんさつ求刑きゅうけいおこない、きわめてきびしいけいもとめるとみられます。一方いっぽう弁護べんごがわあらためて被告ひこく責任せきにん能力のうりょくはなかったとして無罪むざい主張しゅちょうするとみられます。

青葉あおば真司しんじ被告ひこく(45)は、4ねんまえの2019ねん7つき京都きょうと伏見ふしみの「京都きょうとアニメーション」のだい1スタジオでガソリンをまいてをつけ社員しゃいん36にん死亡しぼうさせ、32にん重軽傷じゅうけいしょうわせたとして、殺人さつじん放火ほうかなどつみわれています。

事実じじつ関係かんけいおおきなあらそはなく、被告ひこく責任せきにん能力のうりょくがあったかどうかが最大さいだい争点そうてんとなっています。

検察けんさつは「筋違すじちがうらによるふくしゅうとしておよんだ類例るいれいのない凄惨せいさん(せいさん)な大量たいりょう放火ほうか殺人さつじん事件じけんだ」としたうえで、被害ひがいしゃおおという結果けっか重大じゅうだいせいや、ガソリン使つかった放火ほうか悪質あくしつせいなど重視じゅうしすべきと主張しゅちょうしていて、7にち求刑きゅうけいおこない、完全かんぜん責任せきにん能力のうりょくがあったとしてきわめてきびしいけいもとめるものとみられます。

一方いっぽうこれまでの裁判さいばんで、被告ひこくは「きょうアニに小説しょうせつアイデアぬすまれた」と主張しゅちょうし、6にちおこなわれた被告ひこくじん質問しつもんでは「多大ただい申し訳もうしわけないという気持きもある」とべ、はじめて遺族いぞく被害ひがいしゃ謝罪しゃざいしました。

被告ひこく弁護士べんごしは「事件じけん当時とうじ重度じゅうど妄想もうそうせい障害しょうがいがあり、善悪ぜんあく区別くべつ行動こうどう制御せいぎょする能力のうりょくうしなわせた」などとしていて、7にちあらためて無罪むざい主張しゅちょうするとみられます。

7にち裁判さいばん検察けんさつ求刑きゅうけいのあと、被告ひこく弁護士べんごし被告ひこく本人ほんにん最終さいしゅうてき意見いけんべて審理しんりわり、判決はんけつは1つき25にち言い渡いいわたされる予定よていです。

5
4
3
2
1