ダイハツ 認証にんしょう取得しゅとく不正ふせい問題もんだい奥平おくだいら社長しゃちょう退任たいにん経営けいえい体制たいせい刷新さっしん
Easy Japanese news
Feb 13, 2024 18:02
Furigana
Japanese newspaper
ダイハツ工業だいはつこうぎょうくに認証にんしょう取得しゅとく不正ふせい問題もんだい親会社おやがいしゃトヨタ自動車とよたじどうしゃとともに記者きしゃ会見かいけんひらき、ダイハツの奥平おくだいら総一郎そういちろう 社長しゃちょうが3つき1にち退任たいにんし、後任こうにん社長しゃちょうトヨタ自動車とよたじどうしゃ本部ほんぶちょう就任しゅうにんする人事じんじ発表はっぴょうしました。ダイハツがトヨタっていた小型こがたしゃ開発かいはつ生産せいさんなど見直みなおすすめることにしています。

両社りょうしゃ午後ごご3からトヨタ自動車とよたじどうしゃ佐藤さとう恒治つねじ 社長しゃちょうらが都内とない記者きしゃ会見かいけんひらき、ダイハツ工業だいはつこうぎょう奥平おくだいら総一郎そういちろう 社長しゃちょうが3つき1にち退任たいにんし、後任こうにんトヨタ自動車とよたじどうしゃ井上いのうえ雅宏まさひろ中南米ちゅうなんべい本部ほんぶ本部ほんぶちょう就任しゅうにんする人事じんじ発表はっぴょうしました。

また松林しょうりんあつし 会長かいちょうしょく退しりぞことになり経営けいえい体制たいせい刷新さっしんします。

ダイハツによるくに認証にんしょう取得しゅとく不正ふせい問題もんだいでは、調査ちょうさおこなった第三者だいさんしゃ委員いいんかいたん期間きかん開発かいはつによる現場げんば負担ふたん不正ふせい背景はいけいにあったと指摘してきしました。

トヨタの佐藤さとう恒治つねじ社長しゃちょうは13にち会見かいけんで、ダイハツを軽自動車けいじどうしゃじくとする会社かいしゃとし、トヨタっていた小型こがたしゃ開発かいはつ生産せいさんなど見直みなおすすめるかんがしめしました。

一方いっぽう、ダイハツは、今月こんげつ9にちくるま開発かいはつスケジュールながくすることなど盛り込もりこんだ再発さいはつ防止ぼうしさくをまとめ国土こくど交通こうつうしょう提出ていしゅつしました。

今後こんごは、親会社おやがいしゃのトヨタが積極せっきょくてき関与かんよするかたち再発さいはつ防止ぼうしさく徹底てっていもとめられることになり、全面ぜんめんてき再開さいかいのめどがたっていない国内こくない自動車じどうしゃ工場こうじょう生産せいさん再開さいかいけても取り組とりくいそことになります。

ダイハツ 井上いのうえしん社長しゃちょう「4つきしん体制たいせい方針ほうしん説明せつめい

ダイハツ工業だいはつこうぎょう」のあたらしい社長しゃちょう就任しゅうにんするトヨタ自動車とよたじどうしゃ井上いのうえ雅宏まさひろ中南米ちゅうなんべい本部ほんぶ本部ほんぶちょうは、13にち記者きしゃ会見かいけんで「従業じゅうぎょういんやステイクホルダーと徹底てっていてき対話たいわし、今後こんごのダイハツのあり方ありかたさだめ、4つきしん体制たいせい方針ほうしん説明せつめいしたいとかんがえている。ダイハツのメンバー全員ぜんいんこころをひとつにさい出発しゅっぱつしていく」とべました。

井上いのうえしん社長しゃちょう再生さいせい全力ぜんりょくくしたい」

また、「ダイハツが力不足ちからぶそくてんは、トヨタのちからりながら確実かくじつ実行じっこうしていくそして不正ふせい引き起ひきおこしたダイハツの組織そしき風土ふうどをダイハツメンバーと共とともちからわせて改革かいかくし、ダイハツ再生さいせい全力ぜんりょくくしたいとかんがえている」とべました。

トヨタ自動車とよたじどうしゃグループほか資本しほん関係かんけいあるスズキといすゞ自動車いすずじどうしゃ参加さんかし、だつ炭素たんそなど技術ぎじゅつ開発かいはつすすめるための会社かいしゃ、「CJPT」については、再発さいはつ防止ぼうしさい優先ゆうせん取り組とりくため、ダイハツ工業だいはつこうぎょう会社かいしゃから脱退だったいしたことをあきらかにしました。

トヨタ 佐藤さとう社長しゃちょう再発さいはつ防止ぼうし取り組とりく

トヨタ自動車とよたじどうしゃ佐藤さとう恒治つねじ社長しゃちょう記者きしゃ会見かいけんで、子会社こがいしゃダイハツ工業だいはつこうぎょう不正ふせい問題もんだいについて「ダイハツ工業だいはつこうぎょうによる不正ふせい問題もんだいによってお客様おきゃくさまにご迷惑めいわく心配しんぱいをおかけしておりますこと、おわび申し上もうしあげます」とべあらためて謝罪しゃざいしたうえで、「ダイハツはトヨタとともに、安全あんぜん安心あんしんだい1にいたくるまづく徹底てっていし、風土ふうど改革かいかく経営けいえい改革かいかく、ものづくり、ことづくり改革かいかくの3つのちかいにもとづき、再発さいはつ防止ぼうし取り組とりくんでまいります」とべました。

ダイハツ “今後こんごけい自動車じどうしゃじくを”

また、「良品りょうひん廉価れんかくるまづくりは本来ほんらいのダイハツのつよであり、その原点げんてん立ち戻たちもど会社かいしゃつくりかえる覚悟かくごでダイハツらしさを取り戻とりもどしていきたい」とべました。

そのうえで、ダイハツの今後こんご事業じぎょうについて、「軽自動車けいじどうしゃじくいた会社かいしゃさだめ、海外かいがい事業じぎょうについては企画きかく開発かいはつ生産せいさんをトヨタからの委託いたく変更へんこうする方向ほうこう詳細しょうさい検討けんとうしていく将来しょうらいてき小型こがたしゃ中心ちゅうしんにラストワンマイルまで視野しやれたモビリティカンパニーという役割やくわりになえるようあるべき姿すがた検討けんとうしていく」とべました。

しん社長しゃちょう 選任せんにん理由りゆう

ダイハツ工業だいはつこうぎょうあたらしい社長しゃちょう井上いのうえ雅宏まさひろえらんだ理由りゆうについては、「新興しんこうこく中心ちゅうしんにことばのかべ乗り越のりこえながら、かなりきびしい事業じぎょう環境かんきょうなかでもコミュニケーション大切たいせつにしながら取り組とりくんできたリーダーだ。現場げんば対話たいわをしながら、一緒いっしょになってダイハツのかうべき方向ほうこう従業じゅうぎょういん全員ぜんいん取り組とりくんでくれることを大切たいせつかんがえて人選じんせんした」とべました。

今後こんご取り組とりくについて

今後こんごのトヨタとしての取り組とりくみについては、「実際じっさい仕事しごとなかで『ただしいプロセス、ただしい仕事しごととは』ということをいかけながら、語り合かたりあいながらやっていくことが、ひと責任せきにんたしかただとおも」とべました。

そのうえで、「ダイハツの負荷ふかたかめる結果けっかになっていったとかんがえられる海外かいがい事業じぎょうに関にかんするスキームについては、ダイハツに対にたいする負荷ふか考慮こうりょしつつ、トヨタの得意とくい領域りょういきはトヨタのほう取り組とりくんでいくという事業じぎょう分担ぶんたん見直みなおしもかんがえる。ダイハツの負荷ふか適正てきせいしていくことも、われわれが取り組とりくんでいくべき課題かだいの1つだとおもっている」とべ、グループないでのダイハツとの役割やくわり分担ぶんたん見直みなおかんがしめしました。

ダイハツ工業だいはつこうぎょうしん体制たいせいについて

ダイハツ工業だいはつこうぎょうしん体制たいせいについては、「本当ほんとう企業きぎょう作り直つくりなおぐらい覚悟かくごでやろうということで検討けんとうスタートしており、不正ふせい問題もんだい発覚はっかく当初とうしょ、ダイハツという企業きぎょう存続そんぞくそのものが、社会しゃかいからみとめられないのではないかというところを原点げんてんにしている。トヨタに対にたいする一体いったいふくめて検討けんとうしてきた」とべました。

そのうえで、「ダイハツという企業きぎょうが100ねんえる歴史れきしまもってきたものを、やはりダイハツの本来ほんらい役割やくわりもう一度もういちどまかせいただけないかという結論けつろんいたった」とべました。

経営けいえい体制たいせい 刷新さっしん理由りゆう

ダイハツ工業だいはつこうぎょう経営けいえい体制たいせい刷新さっしん理由りゆうについては、「再発さいはつ防止ぼうし徹底てっていしながら、ダイハツらしさを取り戻とりもどしていくために必要ひつよう体制たいせい変更へんこうおこなという観点かんてんであり、引責いんせき辞任じにんということではない。げん社長しゃちょう奥平おくだいら本人ほんにんからは辞任じにん申し出もうしでもあり、ふく社長しゃちょうとして留任りゅうにんする星加ほしかからも辞任じにん提案ていあんがあったが、経営けいえい責任せきにんという観点かんてんで、当人とうにんたちのおもしっかり受け止うけとめたうえでかんがえている」と説明せつめいしました。

ダイハツ工業だいはつこうぎょう不正ふせいとは

去年きょねん12つき公表こうひょうされた第三者だいさんしゃ委員いいんかい調査ちょうさでは、「ダイハツ工業だいはつこうぎょう」の不正ふせいは25の試験しけん項目こうもくで174けんにのぼります。

もっとふるものは1989ねんで、2014ねん以降いこう不正ふせい件数けんすう増加ぞうかしたと指摘してきしています。

衝突しょうとつ試験しけんほか排ガスはいがす燃費ねんぴ試験しけんなどふくまれ、装置そうち不正ふせい加工かこう交換こうかん速度そくどかいざんなどがありました。

具体ぐたいてきには、

衝突しょうとつ試験しけんさいに、本来ほんらい衝突しょうとつをセンサーで検知けんちしてエアバッグを作動さどうさせる必要ひつようあるにもかかわらず、タイマーによって作動さどうさせていた事例じれいがあったほか

運転うんてんせきがわのかわりに助手じょしゅせきがわ試験しけん結果けっか使用しようしていた事例じれいもあったということです。

こうした不正ふせいおこなわれた背景はいけいには、過度かどにタイトで硬直こうちょくてき開発かいはつスケジュールによって認証にんしょう試験しけんそのしわ寄しわよ実情じつじょうがあり、社内しゃないで「認証にんしょう試験しけん合格ごうかくして当たり前あたりまえ」という考え方かんがえかたつよかったことにくわえ、現場げんばつよプレッシャーがかかるなか管理かんりしょく現場げんば実務じつむ精通せいつうしておらず、問題もんだい解決かいけつ現場げんばまかせになっていたこと、専門せんもんせいたかさから衝突しょうとつ試験しけんが「ブラックボックス」していたことなどをあげています。

そのうえで、第三者だいさんしゃ委員いいんかいは、

短期たんき開発かいはつ見直みなお

相互そうごけん制けんせい機能きのうする組織そしきさい構築こうちく

現場げんば管理かんりしょくコミュニケーション促進そくしんする取り組とりく導入どうにゅうなど提言ていげんしていました。

トヨタ自動車とよたじどうしゃダイハツ工業だいはつこうぎょう関係かんけい

トヨタ自動車とよたじどうしゃダイハツ工業だいはつこうぎょう小型こがたしゃ開発かいはつ供給きょうきゅうなどを通をとおして緊密きんみつ関係かんけいつづけてきました。

トヨタは1998ねんにダイハツの株式かぶしき半数はんすう取得しゅとくして子会社こがいしゃし、2016ねんにはすべての株式かぶしき取得しゅとくして完全かんぜん子会社こがいしゃしました。

トヨタとしては、ダイハツが得意とくいとする小型こがたしゃ需要じゅよう新興しんこうこくなどびる見込みこみ、その分野ぶんや競争きょうそうりょくたかめるねらいがありました。

完全かんぜん子会社こがいしゃ以降いこう、ダイハツが主体しゅたいとなったトヨタとダイハツ双方そうほうのブランドの小型こがたしゃ開発かいはつ加速かそくしていきます。

さらに、2017ねんには両社りょうしゃにまたがる組織そしきとして「新興しんこうこく小型こがたしゃカンパニー」を発足ほっそくさせ、ダイハツが中心ちゅうしんとなってトヨタブランドもふくめたしん興国こうこく小型こがたしゃ開発かいはつにさらにちかられるようになりました。

ダイハツの不正ふせい問題もんだいに関にかんする第三者だいさんしゃ委員いいんかい報告ほうこくしょでは、ダイハツがトヨタの完全かんぜん子会社こがいしゃになって以降いこう、トヨタの海外かいがい事業じぎょう生産せいさんプロジェクトにもかかわるようになり、車両しゃりょう出荷しゅっかさき生産せいさんこく増加ぞうかしていったと指摘してきしています。

報告ほうこくしょでは、不正ふせい背景はいけいとしてたん期間きかんでの開発かいはつ指摘してきされましたが、ダイハツがトヨタグループなかでそのつよ海外かいがいにも展開てんかいする「トヨタの遠心えんしんりょく」ともしょうされる役割やくわり期待きたいされるようになり、その期待きたいこたえようと奮起ふんきしたことも背景はいけいの1つになったと指摘してきしています。

トヨタの佐藤さとう恒治つねじ社長しゃちょう先月せんげつ記者きしゃだんに対にたい一定いってい自立じりつせいって小型こがたしゃ開発かいはつをリードすることがトヨタにとっての遠心えんしんりょくなるという前提ぜんていすすめてきた結果けっかこの状態じょうたいまれている」とべ、両社りょうしゃ関係かんけいせい課題かだいあるという認識にんしきしめしていました。

トヨタ自動車とよたじどうしゃグループ会社かいしゃ相次あいつ不正ふせい

トヨタ自動車とよたじどうしゃのグループ会社かいしゃでは、おととし以降いこうくに認証にんしょう取得しゅとくなどに関にかんする不正ふせい問題もんだい相次あいついでいます。

おととしには、日野ひの自動車じどうしゃエンジン排出はいしゅつガスなどについて不正ふせいデータくに提出ていしゅつしていたことがあきらかになったほか

去年きょねんダイハツ工業だいはつこうぎょう海外かいがい一部いちぶ車種しゃしゅ認証にんしょう必要ひつよう衝突しょうとつ試験しけんさい不正ふせいがあったことがあきらかになりました。

ダイハツではその後そのご国内こくない車種しゃしゅでも不正ふせい発覚はっかくするなど問題もんだい拡大かくだいしています。

また

去年きょねん3つきにフォークリフトようのエンジンなど法規ほうき違反いはんあきらかになった豊田とよだ自動じどう織機しょっきも、ことし1つき自動車じどうしゃようエンジンの認証にんしょう手続てつづでの不正ふせいあら公表こうひょうしました。

相次あいつ不正ふせいグループ事業じぎょうにも影響えいきょうあたえています。

ダイハツは国内こくないの4つの自動車じどうしゃ工場こうじょう生産せいさん停止ていしし、12にちくに基準きじゅんへの適合てきごう確認かくにんした一部いちぶ商用しょうようしゃかぎっておよそ1か月かげつはんぶりに京都きょうと工場こうじょう生産せいさん再開さいかいしました。

また子会社こがいしゃのダイハツ九州きゅうしゅう大分おおいた工場こうじょうでも今月こんげつ26にちから10車種しゃしゅ生産せいさん再開さいかいすることをめていますが、主力しゅりょく車種しゃしゅの「タント」などについてはくに確認かくにん試験しけんつづいていて、全面ぜんめんてき生産せいさん再開さいかいのめどはっていません。

また、トヨタも不正ふせいつかった豊田とよだ自動じどう織機しょっきからエンジン供給きょうきゅうける10車種しゃしゅについて、一部いちぶ海外かいがいのぞ出荷しゅっか停止ていししているため、国内こくない2つの工場こうじょうの2つの生産せいさんラインで今月こんげつ16にちまで生産せいさん停止ていしつづけることをめています。

それ以降いこう生産せいさんについてはあらためて決定けっていするとしていて、グループない一連いちれん不正ふせい問題もんだいによるくるま生産せいさんへの影響えいきょう現在げんざいつづいています。

トヨタのしん興国こうこく戦略せんりゃく影響えいきょうあたえるかが焦点しょうてん

トヨタは、世界せかい戦略せんりゃくのなかで東南アジアとうなんあじあなど新興しんこうこくについて、成長せいちょう見込みこまれる重要じゅうよう市場しじょう位置いちづけています。

この戦略せんりゃくのもとでダイハツと連携れんけいしながら小型こがたしゃなど投入とうにゅうすすめてきました。

現在げんざい、トヨタはマレーシアやインドネシアなどしん興国こうこく小型こがたしゃとしてダイハツから7車種しゃしゅ供給きょうきゅうけているほか、ダイハツが開発かいはつしてトヨタの工場こうじょう生産せいさんしている小型こがたしゃもあります。

トヨタは今後こんごしん興国こうこく小型こがたEVなど投入とうにゅうしていくかんがしめしていますが、ダイハツの事業じぎょう見直みなおがこうしたトヨタのしん興国こうこく戦略せんりゃくどのような影響えいきょうあたえるかが焦点しょうてんとなります。

5
4
3
2
1
Japanese newspaper
ホテルたか観光かんこう需要じゅよう回復かいふくなどで「宿泊しゅくはくりょう」25%上昇じょうしょう
たかい!」大型おおがた連休れんきゅうまえにホテルを予約よやくしようとしたとき、そうかんじたほうもいるのではないでしょうか。昨年度さくねんど平均へいきん消費しょうひしゃ物価ぶっか指数しすう発表はっぴょうされ、ホテルなどの「宿泊しゅくはくりょう」は、まえ年度ねんどより25てん5%上昇じょうしょうしました。影響えいきょうは、はたらひとの「出張しゅっちょう」にも…。上昇じょうしょうはいつまでつづくのか、取材しゅざいしました。
Source: NHK Apr 19, 2024 18:04
Japanese newspaper
ドイツ “軍事ぐんじ施設しせつへの破壊はかい工作こうさく計画けいかく” 2にん逮捕たいほ
ドイツの検察けんさつ当局とうきょくは、軍事ぐんじ施設しせつなどへの破壊はかい工作こうさく計画けいかくしていたなどとしてドイツとロシア双方そうほう国籍こくせきつ2にん逮捕たいほしたと発表はっぴょうしました。ウクライナへの軍事ぐんじ支援しえん妨害ぼうがいをねらっていたとされ、地元じもとメディアはウクライナぐん兵士へいし訓練くんれんける軍事ぐんじ施設しせつなどが標的ひょうてきとされていたとつたえています。
Source: NHK Apr 19, 2024 09:04
Japanese newspaper
保育ほいく一斉いっせい退職たいしょく勤務きんむ環境かんきょう 改善かいぜんを”こども家庭かていちょう 自治体じちたい通知つうち
各地かくち保育ほいくしょなどで処遇しょぐう労使ろうしかんのトラブルなどで複数ふくすう保育ほいく一斉いっせい退職たいしょくする事例じれい相次あいついでいることをけて、こども家庭かていちょう自治体じちたいに対にたいし、離職りしょく防止ぼうしのためくに支援しえん制度せいどなどを活用かつようして、勤務きんむ環境かんきょう改善かいぜんすすめるよう通知つうちしたことがかりました。
Source: NHK Apr 18, 2024 21:04
Japanese newspaper
しん基準きじゅん金属きんぞくバット 5しゃ基準きじゅんたさず使用しよう禁止きんし高野連こうやれん
高野連こうやれん日本にっぽん高校こうこう野球やきゅう連盟れんめいは、ことしから導入どうにゅうした反発はんぱつりょくおさえたしん基準きじゅん金属きんぞくバットのうち、5つのメーカーのバットが基準きじゅんたしていないことがわかったとして、19にちから使用しよう禁止きんしすると発表はっぴょうしました。
Source: NHK Apr 18, 2024 21:04
Japanese newspaper
べい タイム世界せかいもっと影響えいきょうりょくある100にん」に宮崎みやざき駿しゅん
アメリカの雑誌ざっし「タイム」はことしの「世界せかいもっと影響えいきょうりょくがある100にん」を発表はっぴょうし、日本にっぽんからはアニメーション映画えいが監督かんとく宮崎みやざき駿しゅん社会しゃかい学者がくしゃ上野うえの千鶴子ちづこなどがえらばれました。
Source: NHK Apr 18, 2024 09:04
Japanese newspaper
えゆくまち本屋ほんや陳列ちんれつ工夫くふう 独自どくじ目利めき活路かつろ
ネット通販つうはん電子でんし書籍しょせき普及ふきゅうなどで、10ねんで4600てんあまりの書店しょてん閉店へいてんしています。文化ぶんか拠点きょてん役割やくわりがある地域ちいき書店しょてん支援しえんけ、17にち齋藤さいとう経済けいざい産業さんぎょう大臣だいじん書店しょてん経営けいえいしゃらと意見いけん交換こうかんしました。きびしい状況じょうきょうのなか、ユニークなアイデアでファンをやす「まち本屋ほんや」もてきています。
Source: NHK Apr 17, 2024 21:04
Japanese newspaper
自民じみん 茂木もぎ 政治せいじ団体だんたい解消かいしょうグループ活動かつどう継続けいぞくする方針ほうしん
自民党じみんとう派閥はばつ政治せいじ資金しきんパーティーをめぐる問題もんだい関連かんれんし、茂木もぎは、17にち会合かいごうで、政治せいじ団体だんたい解消かいしょうすることをめました。一方いっぽうで、グループとしての活動かつどう継続けいぞくする方針ほうしんで、運営うんえいあり方ありかたなどを今後こんご検討けんとうしていくことにしています。
Source: NHK Apr 17, 2024 18:04
Japanese newspaper
「きのう退職たいしょく届出とどけでしてきた」入社にゅうしゃしたばかりの新入しんにゅう社員しゃいんなぜ
4つきはいしん年度ねんどがスタートしました。しかしSNSじょうには…。「きのう退職たいしょく届出とどけでしてきた」「明日あしたから転職てんしょくさき候補こうほさがしにこ」入社にゅうしゃしたばかりの新入しんにゅう社員しゃいんからはやくも退職たいしょくした、とのこえ相次あいついでいます。おおくの業界ぎょうかい人手ひとで不足ふそくつづなかむかえたしん年度ねんど、いったいなにきているのでしょうか。
Source: NHK Apr 17, 2024 06:04
Japanese newspaper
トランプぜん大統領だいとうりょう 不倫ふりん口止くちどりょうめぐり業務ぎょうむ記録きろくかいざんざい はつ公判こうはん
アメリカのトランプぜん大統領だいとうりょう不倫ふりん口止くちどりょうをめぐり業務ぎょうむ記録きろくかいざんしたつみわれている裁判さいばんはつ公判こうはんが15にち東部とうぶニューヨークしゅうひらかれ、アメリカの大統領だいとうりょう経験けいけんしゃはじめて刑事けいじ事件じけん被告ひこくとなる裁判さいばんおおきな関心かんしんあつまっています。
Source: NHK Apr 16, 2024 08:04
Japanese newspaper
シンガポール首相しゅしょう 来月らいげつ交代こうたい後任こうにんにローレンス・ウォンふく首相しゅしょう
シンガポールのリー・シェンロン首相しゅしょうは、来月らいげつ退任たいにんし、後任こうにん首相しゅしょうにローレンス・ウォンふく首相しゅしょう就任しゅうにんするとあきらかにしました。首相しゅしょう交代こうたいはおよそ20ねんぶりで、アジア有数ゆうすう経済けいざい大国たいこくであるシンガポールの政権せいけん運営うんえい行方ゆくえ注目ちゅうもくされます。
Source: NHK Apr 15, 2024 22:04