Tùy chỉnh


Furigana
UnderLine
Language
Size
モロッコの新興企業しんこうきぎょう砂漠さばく作物育さくもつそだてるくみ
Easy Japanese news
Nov 28, 2023 11:11
Furigana
Japanese newspaper

気候変動きこうへんどう意味いみするのは、砂漠化さばくか深刻しんこく問題もんだいとなりつつあるということです。かつては肥沃ひよく(ひよく)だった土地とち劣化れっかすることで、2おく5000万人まんにん直接的ちょくせつてき影響えいきょうかぶっています。

国連こくれんによれば、砂漠化さばくか地球ちきゅう地表ちひょうの3ぶん1に影響えいきょうおよぼしています。アフリカ南米なんべい南欧なんおう中国ちゅうごく土地とち一部いちぶや、米国べいこく土地とちの3ぶん1が乾燥かんそうした状態じょうたいです。乾燥かんそうした土地とちもどして農地のうちにすることは、地球ちきゅう人口じんこう確実かくじつやしなことができるようになるための重要じゅうようなカギとなるかもしれません。

モロッコのスタートアップ新興企業しんこうきぎょう)「サンド・トゥー・グリーン」の共同創業者きょうどうそうぎょうしゃで「最高農業責任者さいこうのうぎょうせきにんしゃ」のウィッサル・ベン・ムーサさんによれば、同社どうしゃ砂漠さばく一部いちぶを5ねんで、持続可能じぞくかのう収益性しゅうえきせいたか農園のうえんへとまれわらせることができるということです。

ベン・ムーサさんは、砂漠化さばくか将来的しょうらいてきおおくにぐにこるとの見通みとおしめし、「われわれ解決策かいけつさくは、アグロフォレストリーを使つかい、持続可能じぞくかのう気候変動きこうへんどうつよあたらしい種類しゅるい農業のうぎょうことだ」とべました。

5
4
3
2
1