まいかわやまんば
2023-11-14 11:02:31
Translation
Anonymous 06:11 14/11/2023
1 0
Add translation
まいかわやまんば
label.tran_page Mai-no-kawa mountain mountain

毎年まいとし12がつ28にちもちをつくように、とねん老婆ろうばはなし
むかし葉山村はやまむら清兵衛せいべえ(せえべえ)というまずしい百姓ひゃくしょうんでいました

label.tran_page Seibei had five children, and although he was poor, he celebrated the New Year in a small way by eating rice cakes on December 28th every year.
清兵衛せいひょうえには五人ごにん子供こどもがいて、まずしいながらも毎年まいとし12がつ28にちになるともちをつき、ささやかながら正月しょうがつをおいわいしていました
label.tran_page One year, on December 28th, when the family was pounding mochi as usual, an old woman they had never seen before suddenly arrived.

あるとし12がつ28にち例年通れいねんどお一家いっかもちつきをしていると、突然見とつぜんみかけない老婆ろうばがやってきました

label.tran_page ``I’m here to help you pound the mochi,’’ he said, and quickly began rolling the mochi, and the mochi was completed in no time.
もちつきの手伝てつだをしにた」とげんって、さっさともちまるめはじめ、あっというもち出来上できあがりました
label.tran_page Seibei was taken aback, but the old woman reminded him, ``Happiness will come to this house eventually, so be sure to make rice cake pounding on December 28th every year.’’
あっけにとられていた清兵衛せいひょうえでしたが、老婆ろうばは「このいえにはやがてしあわがやってくる、かなら毎年まいとし12がつ28にちもちつきをしなさい」とねんをおしてかえっていきました
label.tran_page Just as the mysterious old woman had said, things went well from the next year onwards, and the children grew up well.

あの不思議ふしぎ老婆ろうばとお翌年よくねんから仕事しごともうまくいき、子供こどもたちも元気げんき成長せいちょうしていきました

label.tran_page And every year, on December 28th, that old woman would come and help pound the rice cakes.
そして毎年毎年まいとしまいとしあの老婆ろうば12がつ28にちにやってきてもちつきを手伝てつだっていくのでした
label.tran_page The Seibei family also became richer year by year, and finally became wealthy ten years later.
清兵衛一家せいひょうえいっかねんねんゆたになり、ついに十年後じゅうねんごには長者ちょうじゃになっていました
label.tran_page However, Seibei became rich and became a man nicknamed ”Oni Seibei” by the villagers.

しかし金持かねもになった清兵衛せいひょうえは、村人むらびとから「おに清兵衛せいひょうえ」とばれるおとこになっていました

label.tran_page
すっかり感謝かんしゃ気持きもわすれてしまい、あれだけ老婆ろうばからねんされていた28にちもちつきのを、一日いちにちだけはやめてしまいました
label.tran_page

翌日よくじつ28にちに、あの老婆ろうばがやってきて「約束やくそくやぶったな、もうこれまでじゃ」とのこして、はげしいかぜともえていきました

label.tran_page
この老婆ろうば清水谷しみずだにという山姥やまうばだったのです
label.tran_page

この山姥やまうばったとお清兵衛せいひょうえ不幸ふこうつづようになりました

label.tran_page
一人娘ひとりむすめ病死びょうしし、商売しょうばいもうまくいかなくなり、みるみるうち没落ぼつらくしていきました
label.tran_page
もういまとなっては、どうすることもできませんでした
label.tran_page